会報「跡」について

◆正誤表◆

第3号(平成29年度版)

修正箇所更新
「各務原は何と呼ばれているか」
図-2-1 岐阜県中北部
39関市・・
 美濃市
山県市を
 追加
2018/5/1
「各務原は何と呼ばれているか」
図-2-5 可児市
40AY14.8AY28.32018/5/1


第2号(平成28年度版)

修正箇所更新
「金生山化石と赤坂地名」
3)よく知られた化石
 その他(上部層・中部層)
35ワーゲノフォルムワーゲノフィルム2017/6/4
「金生山化石と赤坂地名」
3)よく知られた化石
 フズリナ(中部層)
35ヤベイナ削除2017/7/11
「金生山化石と赤坂地名」
3)よく知られた化石
 フズリナ(下部層)
35シュワゲリナカンセリナ2017/7/11


第1号(平成27年度版)

修正箇所更新
「各務原という地名」
5. 各務のルーツ
35当時は「屈む」という表現の言葉は使われていなかったことから、この説を削除2017/4/15



◆創刊時の記事◆

【中日新聞(2016/4/15)記事より】



当会報は以下のところでも閲覧できます。
  • 各務原市中央図書館
  • 各務原市自然環境図書館(川島ほんの家)
  • 中央ライフデザインセンター図書室
    (各務原市健康図書館)
  • 各務原市児童乳幼児図書館(もりの本やさん)
  • 各務原市歴史民俗資料館
  • 岐阜県図書館
  • 立命館大学図書館
     衣笠キャンパス、草津キャンパス、茨木キャンパス






◇年会費 2,000円
◇年6回の定例講演会の参加費無料
  (一般500円/回)
◇会報『跡』無償配布(年1回発行/4月)
◇申込方法

⇒運営規約








お知らせ Information

UpDate:2018/5/10
▲ページ先頭へ
TopPage

 ▲ページ先頭へ

◂TopPage 

inserted by FC2 system