次回講演案内

◆第1回定例講演のご案内◆

『江戸時代に破壊された各務野の古墳』

講師 : 各務原市文化財課 歴史民俗資料館
学芸員 
長谷 健生


 開催日時:2023年4月22日(土)
 開催場所:各務原中央図書館4階 多目的ホール

  1799年(寛政11年)の秋、各務野の「古塚」は約200基破壊されました。それは何故か、何が出土したか等、 好古家の記録から語ります。また幕末の尾張藩の学者による各務原の旧跡巡りも解説します。

◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(先着順)


4月講演案内チラシ

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援

新型コロナウイルス感染防止対策として、検温の上、マスク着用にてご参加願います。



◆第6回定例講演のご案内◆

『鵜沼地区における「尾張文化」』

講師 : 当研究会 理事 安田 修司

 ◎本講演は終了致しました。

 開催日時:2023年2月18日(土)
 開催場所:産業文化センター2階 第3会議室

 鵜沼では、名古屋市へ通勤する人が少なくありません。これは電車通勤が可能との理由だけからなのか? 鵜沼地区を中心に、見て歩きの中での気づき(尾張造など)を通して、 「尾張文化」の影響を探り、 美濃と尾張について考える。 (尾張造:神社の建築様式)

◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(先着順)


2月講演案内チラシ

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援

新型コロナウイルス感染防止対策として、検温の上、マスク着用にてご参加願います。



◆第5回定例講演のご案内◆


『付加体造山論 発祥の地、
       美濃の山の成り立ちを探る 』

講師 : 岐阜大学工学部 教授 小嶋 さとる


 ◎本講演は終了致しました。

 開催日時:2022年12月17日(土)
 開催場所:産業文化センター1階 あすかホール

山のでき方には二つのタイプがあります。
  海洋プレートが大陸プレートの下に沈み込むタイプと、
  大陸プレート同士がぶつかり合うタイプです。
どうしてそんな事がわかるのか、
前者のタイプを中心に、ロシア・中国などの海外フィールドワークでの体験を交えながら、美濃の山の成り立ちについて話します。
(研究分野:地質学・防災工学(山体重力変形地形・地すべり)

◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(先着順)、定員/144名


12月講演案内チラシ

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援
⇒令和4年度定例講演会予定表

新型コロナウイルス感染防止対策として、検温の上、マスク着用にてご参加願います。



◆第4回定例講演のご案内◆

『吉田初三郎の鳥瞰図に見る犬山・各務原』

講師 : 名古屋大学大学院 准教授
堀田 典裕よしひろ

 ◎本講演は終了致しました。


 開催日時:2022年10月22日(土)
 開催場所:各務原中央図書館4階 多目的ホール


10月講演案内チラシ

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援
⇒令和4年度定例講演会予定表

新型コロナウイルス感染防止対策として、検温の上、(できる限り不織布の)マスク着用にてご参加願います。



◆第3回定例講演のご案内◆



『美濃各務の古墳勢力の萌芽と展開』

講師 : 各務原市文化財課 課長
西村 勝広


 ◎本講演は終了致しました。

中日新聞/岐阜近郊版(2022/8/21)

  ◆本講演の資料(カラー版)はこちらから


 開催日時:2022年8月20日(土)
 開催場所:産業文化センター1階 あすかホール


 古墳時代に入ると、境川流域に発達した勢力は、中央との結びつきを強化して支配圏を固め、 その象徴となる坊の塚古墳を築造した。
 鵜沼地域を尾張圏だとする説に対し、美濃圏である見解を論じるとともに、美濃勢力が尾張に拡大した事例も検証する。

◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(お席には十分余裕があります)
    ◎6月6日より入場制限はなくなりました


■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援
⇒令和4年度定例講演会予定表

新型コロナウイルス感染防止対策として、検温の上、(できる限り不織布の)マスク着用にてご参加願います。



◆第2回定例講演のご案内◆



『戦国時代から
        江戸期の美濃方言 』

―ことばの時代考証―


講師 : 岐阜大学教育学部 教授
山田 敏弘

写真:1936年、嵐 寛壽郎 扮する鞍馬天狗

 ◎本講演は終了致しました。

 開催日時:2022年6月18日(土)
 開催場所:産業文化センター2階 第3会議室


◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(先着順)
    12時45分から番号札を配布します
    定員/144名の半数の72名


6月講演案内チラシ

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援
⇒令和4年度定例講演会予定表

新型コロナウイルス感染防止対策として、検温の上、(できる限り不織布の)マスク着用にてご参加願います。



◆2022年度第1回定例講演のご案内◆


『伊木清兵衛を探して 』   

講師 : 各務原市文化財課   
歴史民俗資料館    
学芸員 
長谷 健生 


 ◎本講演は終了致しました。

 開催日時:2022年4月23日(土)
 開催場所:産業文化センター2階 第3会議室

 二年前の講演『伊木清兵衛と戦国の各務原』は、数々の反響を呼びました。今回はその第二弾です。
 池田家に仕え活躍した戦国武将、伊木清兵衛。その生涯の転機はいつも濃尾国境での合戦だった。清兵衛とその子孫たちの足跡をたどるとともに、中世の各務原の戦略的価値を考えていきます。

◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(先着順)
    12時45分から番号札を配布します


4月講演案内チラシ

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援
⇒令和4年度定例講演会予定表

新型コロナウイルス感染防止対策として、検温の上、マスク着用にてご参加願います。


「産業文化センター」案内図





◆第6回定例講演のご案内◆


コロナ蔓延状況を考慮して次年度に延期致しました。



◆第5回定例講演のご案内◆


『土を見て、考える 』

講師 : 名城大学 准教授
村野 宏達

3年前(2018年10月)には、各務原の黒ボク土の話をしました。 今回は、1年間の米国体験を交えた土の日米比較、水田から発生するメタンを活用する研究 (地球温暖化の一因からエネルギー源として)など、土にまつわる話題を、縦横にわかりやすく解説します。

 ◎本講演は終了致しました。

 開催日時:2021年12月18日(土)
 開催場所:産業文化センター2階 第3会議室


◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(先着順)
    12時45分から番号札を配布します

温室効果とは
 地球の大気には二酸化炭素などの温室効果ガスと呼ばれる気体がわずかに含まれています。 これらの気体は赤外線を吸収し、再び放出する性質があります。この性質のため、 太陽からの光で暖められた地球の表面から地球の外に向かう赤外線の多くが、 熱として大気に蓄積され、再び地球の表面に戻ってきます。この戻ってきた赤外線が、地球の表面付近の大気を暖めます。 これを温室効果と呼びます。
 温室効果が無い場合の地球の表面の温度は氷点下19℃と見積もられていますが、 温室効果のために現在の世界の平均気温はおよそ14℃となっています。
 大気中の温室効果ガスが増えると温室効果が強まり、地球の表面の気温が高くなります。
温室効果ガスの種類

人為起源の温室効果ガスの総排出量に占めるガスの種類別の割合

(以上気象庁「知識・解説」より)

メタン(CH4)は水田からも出ている

『水田メタン発生抑制のための新たな水管理技術マニュアル』より

 ⇒ 水稲栽培における中干し期間の延長・間断灌漑
 ⇒ 水田メタン発生抑制のための

新たな水管理技術マニュアル

 ⇒ 田畑輪換で水田からのメタン発生を抑制

牛のげっぷからもメタンが出ている

 牛に限らず羊や山羊などの反芻動物も、その発酵タンクからメタンを出していますが、 羊や山羊の体重は牛の10分の1程度なので、食べる餌の量に比例するメタンは牛よりずっと少ないことになります。

発酵タンクのしくみ⇒ 環境研ミニ百科42「反芻動物」
【牛と山羊の飼育数世界一の国】
   ・牛 :ブラジル 約2.15憶頭
   ・山羊:インド  約1.5憶頭
(グローバルノート2019年)

 ⇒ 牛のげっぷと地球温暖化(農研機構ガイドコミック)
 ⇒ 牛からのメタン削減は地球と食糧危機を救う

12月講演案内チラシ

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援

⇒令和3年度定例講演会予定表

新型コロナウイルス感染防止対策として、検温の上、(できる限り不織布の)マスク着用にてご参加願います。

《正しいマスクの付け方のポイント》
@先に鼻の部分を鼻に合わせて少し強めにS字に曲げておきます。
 (S字具合が分からない時は、一度鼻にあてがって跡をつけ、
  それを少しきつめに曲げます)
A先に鼻の部分から装着してから、紐(ゴム)を耳に掛けます。
以上2点でマスクのフィット感がグーンと上がります。
《マスクの表裏》
プリーツ(ひだ)が下向きになれば正解です。



◆第4回定例講演のご案内◆


『変成岩から地球を探る 』

−プレート運動と日本列島の地下−

講師 : 名古屋大学 名誉教授
榎並 正樹

 ◎本講演は終了致しました。

 今回も講演会場の入場制限で参加できなかった方が多数みえましたので、講演の様子を録画・編集した動画を期間限定で公開しています(〜2021/11/6)。

 開催日時:2021年10月16日(土)
 開催場所:産業文化センター2階 第3会議室

 地球の表面は、14−15枚のプレートに覆われており,それらの移動により、地震や火山活動などの現象が起きます。 海底の大山脈で生まれた海のプレートは、長い旅路の果てに地球内部に戻ってゆきます。 そんな場所が私たちの足下にあります。しかし地下深くの試料採取は、月や小惑星リュウグウよりもはるかに困難です。 地球内部に何があり、どんなことが起こっているかは、どうしたら判るのでしょうか。
「変成岩」をキーワードにお話しします。

◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(先着順)


10月講演案内チラシ

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援

⇒令和3年度定例講演会予定表

新型コロナウイルス感染防止対策として、検温の上、(できる限り不織布の)マスク着用にてご参加願います。

《正しいマスクの付け方のポイント》
@先に鼻の部分を鼻に合わせて少し強めにS字に曲げておきます。
 (S字具合が分からない時は、一度鼻にあてがって跡をつけ、
  それを少しきつめに曲げます)
A先に鼻の部分から装着してから、紐(ゴム)を耳に掛けます。
以上2点でマスクのフィット感がグーンと上がります。
《マスクの表裏》
プリーツ(ひだ)が下向きになれば正解です。



◆第3回定例講演のご案内◆


『坊の塚古墳から何がわかったか』

講師 : 各務原市文化財課   
埋蔵文化財調査センター 学芸員
近藤 美穂

 ◎本講演は終了致しました。

 開催日時:2021年8月14日(土)
 開催場所:各務原中央図書館4階 多目的ホール

講演会場は変更となりました。
予定していた産業文化センターのあすかホールはワクチン接種会場に使用されるため、 上記図書館4階に変更いたしました。
尚、コロナ禍での定員は84名ですので、誠に勝手ながら先着順とさせていただきます。 当日、12時45分より図書館1階にて整理券(番号札)を配布いたしますのでよろしくお願い致します。
 各務原市内の古墳の数は600基とも700基ともいわれています。 これまで全国各地の古墳を渡り歩き、その発掘に携わってきた近藤氏が― 何故これほどまでに多くの古墳群が集中しているのか― その謎と魅力に惹かれ、この地に腰を据えて情熱的に取り組んだ今回の発掘調査。  昨年の企画展「古墳時代の各務原」に続いて開かれたシンポジウム「坊の塚古墳」での 氏の講演では、時間的に語れなかったことや最新情報などを交えながら、その全貌に迫ります。

◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(先着順)



8月講演案内チラシ

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援

⇒令和3年度定例講演会予定表

新型コロナウイルス感染防止対策として、検温の上、(できる限り不織布の)マスク着用にてご参加願います。




◆2021年度 第2回定例講演のご案内◆


『福沢桃介の人脈と名古屋の経済基盤づくり』

−下出民義・義雄父子と「大同町」−

講師 : 中部産業遺産研究会 会員   
朝井 佐智子

本講演は中止となりました。

 岐阜、愛知、両県のコロナ感染状況(ワクチン接種の遅れ、変異株脅威等を含め)を踏まえ、開催を中止することと いたしました。
 尚、本講演の順延はございませんので、次回8月の講演時に『福沢桃介の人脈と名古屋の経済基盤づくり』のレジュメを配布させて頂きます。

 開催日時:2021年6月12日(土)
 開催場所:産業文化センター1階あすかホール

 福沢桃介の番頭として中部経済界で活躍した下出民義は、教育界では東邦商業学校を創立した。
 子の義雄は、戦前の大同製鋼の基礎を固め、名古屋市南区の町名「大同町」となっている。 この父子の足跡から見えてくるものとは・・

◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(直接会場にお越しください)


 ◆新型コロナウイルス感染防止対策として
検温の上、マスク着用にてご参加願います。
また、ホール内の密を避けるため、定員は収容人員の50%の243名といたしております。

6月講演案内チラシ

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援

⇒令和3年度定例講演会予定表




◆2021年度 第1回定例講演のご案内◆


『ガケ(崖)と各務原』

講師 : 各務原市文化財課課長   
西村 勝広(工学博士)

 ◎本講演は終了致しました。

 開催日時:2021年4月17日(土)
 開催場所:産業文化センター1階あすかホール

 各務原は、山・川・谷など起伏に富んだ地形であり、 また旧石器時代〜現代まで長期にわたり人間が住んできた地域です。
 今回、数多くの発掘に関わってきた経験から、ガケ(崖)地形という新たな切り口で、 各務原の歴史と特徴についてお話します。

◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(直接会場にお越しください)


 ◆新型コロナウイルス感染防止対策として
検温の上、マスク着用にてご参加願います。
また、ホール内の密を避けるため、定員は収容人員の50%の243名といたしております。

4月講演案内チラシ

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援

⇒令和3年度定例講演会予定表



◆第2回定例講演のご案内◆


『伊木清兵衛と戦国の各務原』

講師 : 各務原市文化財課   
歴史民俗資料館 学芸員
長谷 健生

 ◎本講演は終了致しました。

 開催日時:12月12日(土)
 開催場所:産業文化センター1階あすかホール

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で、今、戦国の美濃が慌ただしい
 伊木山城主であったとされる伊木清兵衛とは、何者か。 彼に関する全国の資料を探す中で、戦国の各務原に領地をもった武士の姿が見えてきた。
 小牧・長久手の戦いや関ヶ原の戦いでは、各務原において、誰と誰がどこで戦ったのか。
 永井氏や安積氏といった戦国以来の有力者についても言及される。

◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(直接会場にお越しください)

 ◆新型コロナウイルス感染防止対策として
検温の上、マスク着用にてご参加願います。
また、ホール内の密を避けるため、定員は収容人員の50%の243名といたしております。

12月講演案内チラシ

4月講演会用に準備していたレジュメから抜粋したダイジェスト版は こちらです。(2020/7/9)

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援

⇒令和2年度定例講演会予定表



◆第1回定例講演のご案内◆


『チャートに はぐくまれた各務原・犬山』

−世界が注目する放散虫(ウヌマ エキナタス)とは−
講師 : 名古屋大学    特任教授
名古屋経済大学  特任教授
足立  守

 ◎本講演は終了致しました。

・『ウヌマ エキナタス』って、生物の学名?
 ウヌマの学名がついた放散虫が、木曽川の石から見つかっている。 1億7000年前生きていた原生生物である。
・岐阜城・犬山城・小牧城に共通するのは?
・大昔、木曽川が名古屋市内を流れていた?
 各務原や日本列島の成り立ちを、岩石・地質・地層の視点から、 わかりやすく解説する。
放散虫 :海のプランクトンの一種
チャート:放散虫などからできた堆積岩


開催日時‖10月10日(土)13:30〜
開催場所‖産業文化センター1階
あすかホール

◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(直接会場にお越しください)


 ◆新型コロナウイルス感染防止対策として
検温の上、マスク着用にてご参加願います。
また、ホール内の密を避けるため、定員は収容人員の50%の243名といたしております。


10月講演案内チラシ

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援

⇒令和2年度定例講演会予定表



◆第6回定例講演のご案内◆


『福沢桃介と岐阜県の水力事業』

講師 : 中部産業遺産研究会 副会長
浅野 伸一

 ◎本講演は終了致しました。

開催日時 : 2月15日(土)13:30〜
開催場所 : 各務原市中央図書館4階

◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(直接会場にお越しください)


2月講演案内チラシ

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援

⇒令和元年度定例講演会予定表



◆第5回定例講演のご案内◆


『濃尾地震と近代日本』

講師 : 尾西歴史民俗資料館 学芸員
宮川 充史

 ◎本講演は終了致しました。


開催日時‖12月14日(土)13:30〜
開催場所‖各務原市中央図書館4階

◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(直接会場にお越しください)


12月講演案内チラシ

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援

⇒令和元年度定例講演会予定表



◆第4回定例講演のご案内◆


『長良川が育んだ弥勒寺遺跡群』

〜史跡と円空と鵜飼〜

講師 : 関市文化財保護センター 所長
田中 弘志

 ◎本講演は終了致しました。


国指定史跡弥勒寺官衙遺跡群は、
小瀬鵜飼の開催地として知られ、
また、円空が入定した地でもあります。
その彼が中興した弥勒寺は、
今もその法灯を灯し続けているのです。

写真/善財童子(神明神社蔵)⇒

開催日時‖10月19日(土)13:30〜
開催場所‖各務原市中央図書館4階

◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(直接会場にお越しください)

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援

⇒令和元年度定例講演会予定表


10月講演案内チラシ





◆第3回定例講演のご案内◆


戦時の記憶W

『子どもの頃見た各務ヶ原飛行場と空襲』

聞き手 : 各務原市歴史民俗資料館 学芸員
長谷 健生

 ◎本講演は終了致しました。

中日新聞/岐阜近郊版(2019/8/18)


70数年前、
飛行機乗りに憧れた夢多き少年の、
その熱い思いと現実の出来事が、
平成生まれの若き学芸員が聞き手となって語られる・・

開催日時‖8月17日(土)13:30〜
開催場所‖各務原市中央図書館4階

◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(直接会場にお越しください)

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援

⇒平成31年度定例講演会予定表


8月講演案内チラシ





◆第2回定例講演のご案内◆


『各務原台地14万年の物語』

−その形成過程と歴史に及ぼしたもの−

講師 : 各務原市文化財課 課長
西村 勝広

 ◎本講演は終了致しました。

本市の歴史的な特性を調べていくと、各務原台地の存在に行き着く。 木曽川による台地の形成過程と、台地を取り巻く環境下で展開したドラマチックな歴史を探る。

開催日時‖6月15日(土)13:30〜
開催場所‖各務原市中央図書館4階

◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(直接会場にお越しください)

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援

⇒平成31年度定例講演会予定表


6月講演案内チラシ



◆第1回定例講演のご案内◆


『古東山道と各務原の古墳群』

講師 : NPO法人 古代邇波の里・文化遺産ネットワーク 理事長
赤塚 次郎

 ◎本講演は終了致しました。

中日新聞/岐阜近郊版(2019/4/25)

美濃・尾張國が成立する以前,木曽川流域に存在したであろう個性的な部族社会。 その実態を集落遺跡や古墳の分布などから読み解き,「美濃」でもなく「尾張」でもない, もう一つの地域社会の存在を考えてみたい。 そこには現在に通じる生活圏を含めたまとまりある一つの基層文化が見えてくる。

開催日時‖4月20日(土)13:30〜
開催場所‖各務原市中央図書館4階

◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(直接会場にお越しください)

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援

⇒平成31年度定例講演会予定表

4月講演案内チラシ




◆第6回定例講演のご案内◆


 ◎本講演は終了致しました。

2月講演案内チラシ


中日新聞/岐阜近郊版(2019/2/22)


『くすりの歴史』     
     …認知症になりにくい食生活

講師 : 内藤記念くすり博物館館長 森田  宏

開催日時‖2月16日(土)13:30〜
開催場所‖各務原市中央図書館4階

◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(直接会場にお越しください)

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援

⇒平成30年度定例講演会予定表




◆第5回定例講演のご案内◆


 ◎本講演は終了致しました。

12月講演案内チラシ


『方言について』     
     〜文化という観点から

講師 : 岐阜大学教育学部教授 山田 敏弘
 普段、何気なく話していた言葉が方言であったり、この地域だけだと思っていたら、 思いのほか広い地域で話されていたりと、以外に知られていない方言とその歴史を辿ると その地の文化が見えてくるかもしれない。


開催日時‖12月15日(土)13:30〜
開催場所‖各務原市中央図書館4階

◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(直接会場にお越しください)

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援

⇒平成30年度定例講演会予定表





◆第4回定例講演のご案内◆


 ◎本講演は終了致しました。

10月講演案内チラシ


第1部

木曽川と農業用水

講師:(総合建設コンサルタント会社エース 技師長)清水 正義
長年、濃尾平野を潤してきた羽島・宮田・木津の濃尾三用水。
そして、その安定取水を目的に建設された犬山頭首工。
こうした利水施設の歴史と、社会や自然の急激な変化の中での現状を見ていきます。
(犬山頭首工も平成十八年には防災的強化を兼ねて大規模改修されています。)

第2部

各務原台地の黒ボク土

講師:(名城大学農学部准教授)村野 宏達
各務原台地に広がる黒い土。
この土は、どうしてこんなに黒いのでしょうか。
このように黒い土は、どこにでもあるのでしょうか。
この黒い土を通して、土について、土壌について考えていきます。

開催日時‖10月20日(土)13:30〜
開催場所‖各務原市中央図書館4階

◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(直接会場にお越しください)

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援

⇒平成30年度定例講演会予定表





◆第3回定例講演のご案内◆


 ◎本講演は終了致しました。

8月講演案内チラシ


第1部

昭和レトロの那加町

講師:(各務原市西ライフデザインセンター館長)川上 光洋
 那加まちを歩けば、色ガラスのような趣深い時代の各務原に出会える。
 静かな路地の風景にも、よく見れば大正時代の新都市の格調や戦後の色町の面影が ところどころに残っていて、独特の魅力をもつ那加駅界隈。
 きっと、貴方の那加まち散歩の楽しみ方が変わります。

第2部

戦時の記憶(第3回)

話し手: 加藤 一夫さん と 橋本 玲子さん
ナビゲーター:(本研究会顧問)松尾 裕
◎当日、話し手の方の諸事情によっては変更させていただく場合があります。
尚、当日は赤座正行さんと橋本玲子さんに体験談を話ていただきました。

開催日時‖8月18日(土)13:30〜
開催場所‖各務原市中央図書館4階

◆参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)
◆予約:不要(直接会場にお越しください)

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援

⇒平成30年度定例講演会予定表



◆第2回定例講演のご案内◆


 ◎本講演は終了致しました。

6月講演案内チラシ


第1部

和算−世界に誇る江戸の算術

講師:(ツボウチ塾・塾長)坪内 和俊
海外にも広く知られる江戸期の数学者、関孝和。
その弟子の建部賢弘は、オイラーより早く無限級数を発見していた。
久留米藩主でありながら、ペンネームで本格的数学書を発行した有馬頼ゆき。
陸奥の農民から和算家となった長谷川弘。
料亭の息子から関流の宗統になった日下誠。
芭蕉のように諸国行脚で数学を教える遊歴算家の山口和。

第2部

彦坐王ひこいますのおうから日本武尊への系譜

狭穂彦王さほひこのみこの叛乱

講師:(各務原歴史研究会会長)瀬川 照子
時の天皇の皇后となった彦坐王の娘。
彼女は、愛する兄のために、夫である天皇暗殺を決意。
心から妻を愛している天皇の寝顔を見て・・
結局、未遂に終わって兄の計略は失敗。
炎に包まれながら兄に殉じた狭穂姫命。

開催日時‖6月16日(土)13:30〜
開催場所‖各務原市中央図書館4階

参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援

⇒平成30年度定例講演会予定表




◆第1回定例講演のご案内◆


 ◎本講演は終了致しました。

4月講演案内チラシ

   ジオとして見た

濃尾平野と木曽川

講師:(岐阜大学名誉教授)小井土 由光
ジオ(=Geo)、
それは、地球・大地を意味する接頭語で使われるが、
人間の生活の根幹にあって、
恩恵もリスクも人間の歴史に大きく影響する。
そんな視点から濃尾平野における木曽川の役割として水害のリスクを考える。

開催日時‖4月21日(土)13:30〜
開催場所‖各務原市中央図書館4階

参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)

■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援

⇒平成30年度定例講演会予定表



「各務原市中央図書館」案内図







お知らせ Information

UpDate:2023/3/8
▲ページ先頭へ
TopPage

 ▲ページ先頭へ

◂TopPage 

inserted by FC2 system