次回講演案内


◆第2回定例講演のご案内◆


6月講演案内チラシ


第1部

和算−世界に誇る江戸の算術

講師:(ツボウチ塾・塾長)坪内 和俊
海外にも広く知られる江戸期の数学者、関孝和。
その弟子の建部賢弘は、オイラーより早く無限級数を発見していた。
久留米藩主でありながら、ペンネームで本格的数学書を発行した有馬頼ゆき。
陸奥の農民から和算家となった長谷川弘。
料亭の息子から関流の宗統になった日下誠。
芭蕉のように諸国行脚で数学を教える遊歴算家の山口和。

第2部

彦坐王ひこいますのおうから日本武尊への系譜

狭穂彦王さほひこのみこの叛乱

講師:(各務原歴史研究会会長)瀬川 照子
時の天皇の皇后となった彦坐王の娘。
彼女は、愛する兄のために、夫である天皇暗殺を決意。
心から妻を愛している天皇の寝顔を見て・・
結局、未遂に終わって兄の計略は失敗。
炎に包まれながら兄に殉じた狭穂姫命。

開催日時‖6月16日(土)13:30〜
開催場所‖各務原市中央図書館4階

参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)

♥多数のご参加をお待ちしてま〜す♪


■各務原市教育委員会後援
■中日新聞社後援




◆第1回定例講演のご案内◆


4月講演案内チラシ

   ジオとして見た

濃尾平野と木曽川

講師:(岐阜大学名誉教授)小井土 由光
ジオ(=Geo)、
それは、地球・大地を意味する接頭語で使われるが、
人間の生活の根幹にあって、
恩恵もリスクも人間の歴史に大きく影響する。
そんな視点から濃尾平野における木曽川の役割として水害のリスクを考える。

開催日時‖4月21日(土)13:30〜
開催場所‖各務原市中央図書館4階

参加費(資料代):500円(会員、中高生は無料)


 ◎本講演は終了致しました。



「各務原市中央図書館」案内図







お知らせ Information

UpDate:2018/5/10
▲ページ先頭へ
TopPage

 ▲ページ先頭へ

◂TopPage 

inserted by FC2 system